ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 移住・住宅 > 住宅支援・マイホーム > 定住促進対策住宅取得費補助金について
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住民票・戸籍 > 引越・住まい > 定住促進対策住宅取得費補助金について

本文

定住促進対策住宅取得費補助金について

ページID:0001495 更新日:2022年8月15日更新 印刷ページ表示

中之条町では、人口減少に歯止めをかけるため、集中的に定住促進対策を実施します。
令和2年3月まで限定して行われていた住宅取得費補助を令和7年3月まで延長し、令和3年4月からは既存の住宅用太陽光発電システムの補助は、定置用リチウムイオン蓄電池システム及びHEMSを補助対象に加えた「住宅用再生可能エネルギーシステム設置費補助金」として充実し、取り組みを引き続き行います。
また夫婦の合計年齢が80歳未満の場合は10万円、さらに中学生以下の子供がいる家庭には1人につき10万円(4人まで)を加算します。
引き続きフラット35が利用可能で町からの補助金交付に加え、住宅ローンの金利引き下げを受けることができます。

適用要件及び利用申請書は、(独)住宅金融支援機構サイト<外部リンク>をご確認ください。

定住促進対策住宅取得費補助金についての画像

新築取得

100万円まで(補助率1/20、町内業者)、50万円まで(補助率1/40、町外業者)

中古取得

25万円まで(補助率1/40)

子育て世帯加算

40万円まで(中学生以下の子ども1人につき10万円)

若年層世帯加算

10万円(夫婦の合計年齢が80才未満)

その他要件

他の補助金との併用不可
税等の滞納の無いこと、5年以上定住すること、暴力団員でないこと、床面積50平米以上、耐震基準など
注意:フラット35子育て支援型を利用する場合は、事前に申し出が必要です。

詳細については要綱をご覧ください。

様式のダウンロード

住まいのための補助制度など 窓口
定住促進対策住宅取得費補助金(新築・中古)【最大150万円】
(期間限定 令和7年3月まで)
企画政策課
空家対策補助金(リフォーム・取り壊し)【最大150万円】 建設課
住宅リフォーム補助金【最大30万円】 観光商工課
勤労者住宅建設資金利子補給【最大12万円】 観光商工課
住宅用再生可能エネルギーシステム設置費補助金【最大33万円】 企画政策課
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)