ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

子宮頸がん検診のご案内

ページID:0001184 更新日:2022年8月1日更新 印刷ページ表示

20歳からの女性の検診子宮頸がん検診

子宮頸がんは20歳~40歳代前半の若い世代で罹患率が増加し、50歳以上の中高齢層で減少しています。

頸がん発症の危険因子

性交渉により感染するヒトパピローマウイルスの関与があるため、性生活が始まったら2年に1回は検診を受けることが大切です。

検診はどんなことをするの?

問診と、検診車の中で、医師による内診・細胞診(ブラシ等でこすって細胞を採取)を行います。痛みはほとんどなく、時間も数分で済みます。

受診者のひとこと

「最初はすごく躊躇したけど、行ってしまえば先生も仕事として割り切ってしてるし、あっという間に終わってよかったですよ。」「集団検診だと友達と一緒に気軽に行けていいです。」「何の自覚症状もなかったのに、異常が見つかって驚きました。」

子宮頸がん検診の費用・日程の一覧表はこちらをご覧ください(PDF:1.2MB)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)